派遣の方が安定した正社員の道を希望する声が多いのとは反対に、看護師の求人では最近非常勤によるパートやアルバイトなどの雇用形態を希望する声が多い。
その理由のひとつは、看護師の求人は収入に恵まれているため、看護師の希望条件は年収や給与と言った収入面よりも、夜勤などのない勤務体系に重点が置かれていることがあげられる。
また一般社会では、正社員と非正規社員との間には、収入においても各種社会保障においても大きな開きが生じるが、人材不足に悩む看護師の求人では、むしろ非常勤として働いたほうが収入が恵まれている求人も多い。
特に、看護師が嫌がる夜勤でのアルバイトはとても高額な収入が望めるため、経験がなくても正規雇用として夜勤手当を貰うより、はるかに高給な待遇が用意されている。
正社員よりも比較的自由にシフトが組める非常勤で働けて満足な収入が得られる…家庭を持つ女性が多く働いている看護師のことを考えれば、転職し非常勤を希望する人が増えるのは当然のことだといえる。

安部政権は、派遣法の改善などで現在の非正規雇用者の数を更に増やそうと考えている。非常勤でも待遇が良い看護師は便利かもしれないが、一般企業に勤める人たちにとってはどんどん格差が開き、満足に収入を得られない人々が増えることに拍車をかけられるのが目に見えている。格差問題を解消するためには、正社員・非常勤といった勤務形態の見直しが必要ではないかと思う。皆仕事の責任は違えど、同じ現場で忙しく働いているのに、こんなに差があるのはおかしいことだ。